製品一覧

ホーム > IoTゲートウェイ機 QRIoT > ソリューション事例

IoTゲートウェイ機 QRIoT(キュリオット)

ソリューション事例

お客様のご要望に応じた通信モジュールを3つまで搭載することができるため、様々なネットワークに対応できます。また、センサーI/Fも実装しており各種センサーデバイスとの接続も容易です。
これらにより遠隔からのリアルタイムな情報収集とデータ分析を行うことができ、コストの削減や生産性の向上が期待できます。QRIoTを使用したソリューション事例をご紹介します。

現場の“環境”をリアルに見える化

作業エリア内や倉庫等に温度・湿度・パーティクル等のセンサを設置することで、現場環境をリアルタイムに見ることができます。これにより、製品や作業員に対して最適な環境を提供しやすくなります。
また、部品や製品の保管期間中の大きな環境変化を未然に防ぐことができ、品質に問題が生じる前に対策を取ることも可能となります。

工場での活用イメージ

設備の“稼働状況”をリアルに見える化

工場内の稼働設備情報を収集し稼働実績データを基に分析を行うことで、ダウンタイムなどの減少、生産計画の見直し、予防保全などに活用できます。さらに、稼働状況を工場から離れた場所から監視することもできます。
これにより、生産性の向上に繋がります。

設備監視での活用イメージ

現場の“動き”“課題”をリアルに見える化

人やモノの動態情報を収集・管理することで、「工程分析」「動作分析」「動態分析」などの改善に役立ち作業のムダを省くことができます。また、作業員の動線・滞留ポイント・移動距離などを分析することで、レイアウト変更やロケーション変更などに活用できます。
これにより、生産プロセス全体の効率化が図れます。

現場での活用イメージ

会議室の“利用状況”をリアルに見える化

人感センサ、加速度センサ、照度センサを組み合わせ会議室の利用状況を把握することが可能です。人がいない部屋で照明やエアコンが稼働している場合アラームをメールで管理者に送信することで、省エネ効果が期待できます。
また、会議室予約システムと連動させ予約されているにも関わらず、実際には未使用である場合(キャンセル忘れ)などは予約者へ確認することで他の会議で利用でき、会議室の有効活用が可能となります。

会議室での活用イメージ

オフィスの“環境”をリアルに見える化

オフィス内に温度、湿度、照度、騒音などのセンサーを設置することで、リアルタイムにオフィス環境を把握。取得データを活用することで、従業員への快適な労働環境の提供や、節電等の省エネ対策にも繋がります。
また、QRIoTは有線LAN、Wi-Fi、特定小電力、BLEなど様々な規格でネットワーク構築が可能なため、既存ネットワークに影響を与えずに環境を構築できます。
実際の導入事例を見る

オフィスでの活用イメージ

お問い合わせはこちら

生産本部 営業部 TEL:092-473-5164 メールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭に戻る