保守サービス

ホーム > 保守サービス

保守サービス

ご挨拶

保守サービス『お客様満足度No.1』を目指す

当社の保守サービス部門は、九州全域の自社製品、大手コンピュータメーカーシステム、通信機器システムを主体に、お客様ITシステムの24時間365日の安定稼動に向けて九州44拠点のスタッフがスピーディで高品質な保守サービスを提供致します。
大型汎用機からサーバ、パソコン、プリンタ、ネットワーク機器などのハード保守を中心にソフトオンサイト保守、マルチベンダ保守、据付工事、サプライ品販売などトータルでご提案し、お客様のビジネスを強力にサポートする九州最大規模のワンストップソリューションベンダーを目指して活動しています。

サービス内容
保守サービス

24時間365日、お客様システムの「安心・安全・安定」のために、スピーディー、かつ高品質な保守サービスを行います。

保守サポート イメージ

機器の修理・定期点検などメンテナンス作業を実施することは、お客様システムの安定稼働にとって重要なサービスです。 九州テンでは、メインフレーム、サーバ、ストレージ、パソコン、複合機、プリンタ、ネットワーク機器、金融端末などの電子機器から、無線機、衛星通信機、テレメータ装置、交換機など通信機器までハードウェア全般を主体として、OSリカバリやウィルス対策ソフトのアップデートなどソフトウェア面まで含めたオンサイト保守サービスを九州一円、44拠点から行っています(一部では常駐保守も行っておりネットワーク設定から各種ソフトウェア、監視ツールの導入などのサービスも提供)。

またお客様の満足向上に向けてコンタクトセンターも設置しています。 受付窓口の一本化によってエリア毎に異なる連絡先の煩わしさを解消するとともに、最適なエンジニアを派遣してスピーティにトラブルを解消する保守サービスを提供して参ります。

矢印保守サービス導入事例

保守サポート イメージ パソコンなどの周辺機器を製造・販売されているA社様では、他社との差別化と市場拡大をはかるためにきめ細やかな保守体制を整えることが必要となりました。しかし、物品物流の本社一括管理による影響もあり、九州地区の一部では対応が翌々日以降になってしまうという問題を抱えていました。
そこで、九州内に44ヶ所の保守サービス拠点があり、150名体制で九州地区全域をカバーしている九州テンにご相談頂きました。相談から解決までのアプローチはこちら

電子工事・通信工事

電子工事(LAN・交換機等)や、防災無線・業務用無線設備の通信工事をはじめとした各種設置・施工サービス、免震、耐震工事、遠雷対策などの防災対策施工サービスをご提供いたします。

ss

情報社会に不可欠なネットワーク(LAN/WAN)システム導入工事、電算機システム導入やオフィスの移転、リニューアルに伴う空調工事・防火工事などの電子関連工事を設計から施工までワンストップで提供いたします。 また、拠点間通信コスト削減を実現するIP-PBXシステム導入や移動体(無線)システム工事、伝送システム工事などの通信関連工事、水管理システム、ビル管理システムなどの応用機システムの設計・施工・工事・保守に至るまでワンストップで提供いたします。
さらに、静脈認証装置やRFIDおよび監視カメラシステムを駆使したセキュリティ関連工事をご提供いたします。

無線回線設計・電波伝搬調査 サービス

市町村防災行政無線(固定系・移動系)や消防救急デジタル無線、テレメータ放流警報システム等、官公庁で用いる無線システムの回線設計、電波伝搬調査を行い、質の高いサービスをご提供いたします。

無線回線設計・電波伝搬調査 サービス イメージ

当社では、九州一の実験試験局を保有しており、多種多様な無線システムの回線設計及び現地まで出向き電波伝搬調査を行います。 専用シミュレータを用いて、机上にて回線設計を行い、その後、現地にて実験試験局から実際に電波を発射して電波伝搬調査を行います。
これまでに回線設計及び、電波伝搬調査を行った実績は次のとおりです。

  • 市町村防災行政無線
    └ 同報系 アナログ、デジタル
    └ 移動系 アナログ、デジタル
  • 消防・救急デジタル無線
  • テレメータ放流警報システム

上記以外のシステムでもお気軽にご相談ください。

保守・サポート体制

九州全域CE拠点に44拠点を配置し、広範囲なサポート体制であらゆるニーズにお応えします。

当社は設計・製造・工事・保守を一貫したラインナップで構成している会社です。
その中で、保守サポート部隊は44拠点の事務所を構え、九州全域をカバーし、お客様の多種多様なニーズに高度な技術力、豊かな想像力、最新のテクノロジーにより、全力でお応えいたします。

九州全域CE拠点に44拠点 イメージ

2017年6月現在

ページの先頭に戻る