CSR活動

  1. トップ
  2. 企業情報
  3.  
  4. CSR活動  
  5. 九州テン トレッキングクラブ

サークル活動

九州テン トレッキングクラブ

山のてっぺんまで登り着くことだけに拘らず、
・無理なく長時間の有酸素運でダイエットを推進し
・途中で出会う風景、動物や植物に心を癒されながら
・基本的な登山のテクニック習得や必要な装備の知識を得て
・麓から持って来た食材で、旨い山メシを作って食べる
・途中でゴミも拾って社会貢献(した気分)
……………こんな活動をしています。

  • 九州テントレッキングクラブ活動写真1
  • 九州テントレッキングクラブ活動写真2
  • 九州テントレッキングクラブ活動写真3

私たちの生活は快適で便利なものに囲まれていますが、山歩きは必要な荷物は自分で背負い、自分の足を頼りにひたすら歩くといった、快適・便利からはかけ離れた行為です。
しかし、途中で飲む水や汗ばんだ体に吹く風が、例えようもなく心地よいものです。
ましてや、旨い山メシやビールの味は別格です。
何となく分かるけど、未経験者は「登山はしたい」が「一人は危ないと思っている」そして「面倒な手続きはしたくない」と思っている筈です。そんな人達と山岳会所属の達人で構成されたサークルなので、基本テクから雪上踏破までフォロー可能です。
活動は近隣の黒髪山系、多良山系、雲仙山系が多く殆どが日帰りですが、テント泊も何度か行いました。
サークル以前にも何人かで山行し、昼はおにぎりやカップ麺にお湯を注ぐ程度でしたが、サークルとして補助金も出ることから、今ではクッカー等の設備も充実させて、鍋料理やアヒージョ等の豪華な山メシに有りつけています。
1日登ると体重が2~3kg落ちますが、豪華な食事のお蔭で±0kgといった具合です。
登りながら、何故こんなキツイ思いをしながら歩くのか?自問自答をしますが、ズバリ
「旨いビールが待っているから」に他ならず、これが無いと恐らく登らないと思います。
とは言え、ハンドルキーパーと自分で下山する余力は温存しないといけないので、ほどほどに留めています。
サークル活動も2年目に突入ですが、仕事が忙しくて全員集合とはなりません。
出来るだけ計画を多く立て、「参加できる人は参加する」のスタンスで活動してまいります。
サークルに入らなくても良いので、ちょっと1回参加したい方がいらっしゃいましたら、遠慮なく連絡ください。

部員数
11名
活動目的
社会貢献活動

サークル一覧

  1. トップ
  2. 企業情報
  3.  
  4. CSR活動  
  5. 九州テン トレッキングクラブ

IoTゲートウェイ機

QRIoT

利用環境にあわせた搭載モジュールのカスタマイズが可能。
幅広い活用事例をご紹介します。

医療機器管理システム

ACE.MediStation

バーコードリーダーで簡単管理。
医療機器管理の効率化を実現した導入事例をご紹介します。

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

メールフォームでのお問い合わせ

入力画面へ進む