企業情報

  1. トップ
  2. 企業情報
  3. 沿革

沿革

1960
1967年 資本金 1,000万円で創業、タクシー用無線機の保守を開始
1968年 タクシー用無線機の製造を開始
1969年 FACOMコンピュータの保守を開始
1967年(昭和42年)イメージ
創業時の様子
1968年(昭和43年)イメージ
タクシー無線機
1970
1972年 本社佐世保市万徳町へ移転
防災無線の関係業務に着手
1975年 トータリゼータ業務を開始
1976年 資本金を2,000万円に増資
1977年 社章制定
1979年 資本金を4,000万円に増資
新社屋(佐世保市柚木元町)建設完成、移転
1977年(昭和52年)イメージ
九州テン社章
1979年(昭和54年)イメージ
柚木元町の社屋
1980
1980年 農協オンラインシステム保守開始
1981年 サプライ業務開始
1984年 微小部品実装機導入
精密度基板加工開始
1987年 資本金を8,000万円に増資
1981年(昭和56年)イメージ
サプライ品
1984年(昭和59年)イメージ
微小部品実装機
1990
1992年 パキスタン(NRTC社)支援
1993年 CE拠点をアンテナショップ化し独自営業の拠点とする
自社商品 監視データ伝送装置「SV206」発売
1995年 アンテナショップを「情報未来館パスキュート」と命名
1996年 西部リペアを福岡県粕屋町に設立し“NTT DoCoMo”のリペア業務を開始
FMV-BIBLOのPCBリペアを開始(三木事業所)
1997年 資本金を1億円に増資
本社にてISO 9001・9002を取得
1998年 F6F-R100形戸別受信機生産開始
1999年 福岡支店にてISO 9001・9002を取得
三木事業所にて本社ISOの拡大認証取得
1992年(平成4年)イメージ
パキスタン(NRTC社)支援
1995年(平成7年)イメージ
アンテナショップ
「情報未来館パスキュート」
1996年(平成8年)イメージ
FMV-BIBLOの
PCBリペアを開始
(三木事業所)
1998年(平成10年)イメージ
F6F-R100形戸別
受信機生産開始
2000
2000年 “NTT DoCoMo”ショップ
取扱店業務を開始
長崎県防災システムで当社製品採用
男女雇用機会均等委員会(EEO)の発足
2001年 本社、福岡支店、三木事業所、
出先9拠点にてISO 14001取得
自社商品、遠隔監視装置「SV306」を販売開始
2002年 北九州消防車両系システム納入
2003年 鉛フリー対応リフロー炉導入
男女雇用機会均等推進企業表彰にて長崎労働局長優良賞を受賞
2004年 自社商品 微弱無線タグシステム『TagStation(タグステーション)』を商品化
自社商品 UM-ADP・PRO販売開始
宮崎営業所、大分営業所を設立し、南九州地区に17箇所の保守拠点を展開
2005年 Tag Station model310をリリース
2006年 表面実装機ライン増設
中国厦門(アモイ)市より技術研修生を受入
2007年 会社創立40周年
日本SME格付けの最上位格付けである「a a a」を取得(’07)
鉄道向け特殊自動閉塞用無線機納入
自社商品 FUM-ADP-PROをリリース
2008年 日本SME格付けの最上位格付けである「aaa」を再取得('08)
自社商品 FUM-ADP電源アダプタをリリース
2009年 首都圏ソリューションセンター開設
自社商品 FUM-ADP-Dをリリース
2000年(平成12年)イメージ
長崎県防災システム
2001年(平成13年)イメージ
遠隔監視装置「SV306」
2002年(平成14年)イメージ
北九州消防車両系
システム
2003年(平成15年)イメージ1
鉛フリー対応リフロー炉
2003年(平成15年)イメージ2
長崎労働局長優良賞受賞
2004年(平成16年)イメージ1
微弱無線タグシステム
「TagStation(タグステーション)」
2004年(平成16年)イメージ2
UM-ADP・PRO
2005年(平成17年)イメージ1
Tag Station model310
2006年(平成18年)イメージ2
表面実装機ライン増設
2007年(平成19年)イメージ1
鉄道向け
特殊自動閉塞用無線機
2007年(平成19年)イメージ2
FUM-ADP-PRO
2008年(平成20年)イメージ1
日本SME格付け
「aaa」証書
2008年(平成20年)イメージ2
FUM-ADP電源アダプタ
2009年(平成21年)イメージ
自社商品「FUM-ADP-D」
2010
2010年 自社商品 アルコール検知システム
「ALCHECK」をリリース
2011年) 神戸ソリューションセンター開設
2012年 全部門にてISO27001を取得
2013年 エリアワンセグ送信機試作機完成
2015年 医療機器管理システム「ACE.Mediシリーズ」をリリース
2016年 IoTゲートウェイ機「QRIoT」をリリース
2017年 1月に本社工場を建築し佐世保市小佐々町へ移転
4月より本社所在地を福岡市に変更
2018年 IoTゲートウェイ機「QRIoTⅡ」をリリース
2019年 佐世保工場、神戸支社にて、IATF16949を取得
2010年(平成22年)イメージ
アルコール検知システム
「ALCHECK」
2010年(平成22年)イメージ
エリアワンセグ
送信試作機
ACE.MediStation
医療機器管理システム
「ACE.MediStation」
QRIoT(キュリオット)
IoTゲートウェイ機
「QRIoT」
佐世保工場
本店・佐世保工場
福岡本社
福岡本社
QRIoTⅡ(キュリオットツー)
IoTゲートウェイ機
「QRIoTⅡ」
  1. トップ
  2. 企業情報
  3. 沿革

IoTゲートウェイ機

QRIoT

利用環境にあわせた搭載モジュールのカスタマイズが可能。
幅広い活用事例をご紹介します。

医療機器管理システム

ACE.MediStation

バーコードリーダーで簡単管理。
医療機器管理の効率化を実現した導入事例をご紹介します。

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

メールフォームでのお問い合わせ

入力画面へ進む