無線・通信機器 受託開発

ホーム > 保有技術(デジタル信号処理技術)

保有技術

デジタル信号処理による変復調回路設計手法を確立し、デジタル無線機の設計・製造を行っております。
また、最新のデバイス(DSP・FPGA)を使用してお客様の製品化を実現いたします。 ここでは無線機の開発設計事例を用いて当社の技術を紹介いたします。
DSPを用いた無線機開発設計事例:4値FSK簡易デジタル無線機
4値FSK方式の概要
4値FSKとはシステム構成の簡便性やFM方式との共通性により自営系無線の中でも比較的安価に提供ができ、市場導入に向けた利便性があります。
応用例
  • 業務用タクシー無線システム
  • 業務用簡易無線機
業務用タクシー無線システム イメージ
開発手順
  1. MATLAB、Simulinkによるシミュレーション
  2. DSP統合開発環境CCSコーディング及びシミュレーション
  3. 無線機試作(実機による特性評価)
DSPを用いた無線機開発手順 イメージ
DSP処理ブロック図(受信部)

ARIB STD-T98準拠(RF周波数460MHz帯)

DSP処理ブロック図(受信部) イメージ
主要技術
  • MATLABを用いた論理シミュレーションによる理論検証技術
  • デジタル信号処理による4値FSK変復調及びチャネルコーディング部(ビタビ復号を含む)DSPを用いて実現
  • 九州工業大学との産学連携による周波数弁別器の非線形特性を考慮したLLR(Log Likelihood Ratio)の算出
    (※特許取得)(特許証を掲載)
試作概要

技術基準適合証明取得済み(TELEC-T249特性試験)

通信方式 単信方式
チャネル間隔 6.25kHz
伝送速度 4800bps
フレーム長 80ms
音声符号化速度 3600bps
試作概要 イメージ
FPGAを用いた無線機開発設計事例:OFDMワンセグ送信機及び受信機
OFDMの概要
OFDM(直交周波数分割多重方式)とはLTEやWiMAX等の移動通信にも採用され、モバイルネットワークにおいて主要な技術であり高速無線通信のスタンダードとなりつつあります。
利用例
ワンセグ送信機利用例 イメージ
ワンセグ送信機
災害発生時の緊急放送や安否情報などの配信 商業施設でのお買い得情報などの配信 イベント会場で実況放送 など
ワンセグ受信機利用例 イメージ
ワンセグ受信機
地上デジタル放送やワンセグ送信機からのデータを受信しパソコンなどに表示
開発手順
  1. MATLAB、SystemGeneratorによるシミュレーション
  2. Xilinx FPGA総合開発環境ISE HDLコーディング及びシミュレーション
  3. 無線機試作(実機による特性評価)
FPGAを用いた無線機開発手順 イメージ
FPGA処理ブロック図

ARIB STD-B31準拠

【送信機 FPGA(XO6SLX100:Spartan-6)】

送信機 FPGA(XO6SLX100:Spartan-6) イメージ

【受信機 FPGA(XO6VLX130:Virtex-6)】

受信機 FPGA(XO6VLX130:Virtex-6) イメージ
主要技術
  1. MATLABによるOFDM(直交周波数分割多重方式)変復調方式信号処理シミュレーション技術
  2. OFDM信号処理を大規模DSP-FPGAを用いて実現
  3. OFDM方式による電波伝搬推定及び等化技術
  4. リードソロモン復号等の誤り訂正設計技術
  5. Linuxの実装技術(ポーティング、ドライバ開発)
試作機概要

【送信機】

技術基準適合証明取得済み(TELEC-T609特性試験)
送信出力100[μw]として日本第一号の認定

対応チャンネル 13~52チャンネル 1セグメント
出 力 100μW(見通し:約100mの放送範囲)
データ格納メディア SDメモリ
TSデータ サイズ 21.5Mbyte以下 ループ再生
参考)解像度 320×240(最大)15 frame/s
電 源 AC 100V

エリア放送を行う場合は、各地域の総合通信局にて免許を取得する必要があります。

ワンセグ送信機試作機概要 イメージ

【受信機】

ワンセグ放送専用受信機

対応チャンネル 13~52チャンネル 1セグメント
出 力 -102dBm
データ格納メディア シリアルUSB変換
TSデータ ワンセグ用TSデータ
電 源 AC 100V
ワンセグ受信機試作機概要 イメージ

ページの先頭に戻る