九州テンが選ばれる理由

ホーム > 地震が少ない長崎でリスク分散

地震が少ない長崎でリスク分散

地震が少ない長崎
地震保険の都道府県別等地イメージ

東日本大震災をきっかけにBCPという考え方は急速に広がりました。 ファブレス企業のM社様は協力工場1社に製造を委託されていましたが、万が一の災害時に事業が継続出来るようにと、地震の少ない九州地方での協力工場を検討されました。 当社の本社工場は長崎県佐世保市にあり、地震調査研究推進本部地震調査委員会の調査で長崎県は30年以内に震度6弱以上の確率1.3%とされています。

BCP(Business Continuity Plan)…事業継続計画の略称。 災害などリスクが発生したときに重要業務が中断しないように準備しておく計画。

設計から部材手配や部材管理も実施
設計から部材手配、部材管理、製造まで一貫体制イメージ

M社様は九州地方の20数社に問い合わせをされたそうです。
電子機器製造を委託する場合、委託元が部材を支給し製造することが多く、受託元で部材手配までする企業は少ないのが現状です。 当社では電子機器の設計から部材の手配・管理、そして製造までトータルにご提供でき、その点も評価いただきました。

製造工程
品質に自信

製品の品質は委託元の信用に大きく関わってきます。当社はISO9001に基づき徹底した品質管理を実施しております。
A社様が初めて工場見学された際、品質管理についての質問を多くいただきました。 また、株主である富士通㈱/富士通テン(株)の製品を受託製造していることもあり、当社の品質を高く評価いただきました。

品質マネジメントシステム(QMS)
良きパートナーとして
良きパートナーとして イメージ

製品は試験工程にて当然ながら不具合が出てしまうケースもあります。 それは設計に起因するもの、製造工程に起因するもの様々ですが、いずれも徹底的な深堀りを行い、また長年に渡るものづくりの経験とスピード感を持って改善提案を行っています。お互いが改善策を出し合う事でよりよい製品を作り上げ、よきパートナーとして評価されるよう日々研鑚を積んでおります。

お問い合わせはこちら

生産本部 事業推進部 TEL:092-473-5164 メールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭に戻る