製品一覧

ホーム > ME機器管理システム ACE.MediStation

ACE.MediStation

医療機器管理システム 「ACE.MediStation」

改正医療法 「医療安全管理通知」 に沿った機器運用を実現

 平成19年より、医療機器安全管理責任者を各病院ごとに配置し、従業者に対する医療機器の安全使用のための研修実施、医療機器の保守点検計画の策定など、医療機器の安全運用に関する体制の確立と運用が明確に義務づけられました。また、これらの実施内容については不備なく記録することが求められています。当システムでは、これらの実施計画および実施記録を一元管理し、安全管理責任者の業務負荷を大幅に削減します。

ACE.MediStation の特徴

ME機器管理システム ACE.MediStation イメージ 医療機器管理の一元化による効率向上

二次元コードを使った自動処理により、MEセンターでの中央管理を支援します。さらに、MEセンターだけでなく、放射線部や検査部などで使用している装置・機器の管理にも対応しているので、院内すべての機器をひとつのシステムで管理することができます。

ME機器管理システム ACE.MediStation イメージ 医療機器台数の最適化・コスト削減

システムに入力した情報をもとに稼働状況を割り出すことができます。これにより機器台数の最適化、コスト削減を実現します。稼働状況だけでなく修理や点検の費用情報を集計することができ、院内対応でどれだけの効果があったかを数値化できます。

ME機器管理システム ACE.MediStation イメージ 保守点検の漏れ防止・安全性の向上

事前に作成した保守計画をもとに未点検の機器に対してアラーム通知することができます。所在管理 システム Medi.Location を併用することで院内のどこで使われているかもリアルタイムに確認できます。

ME機器管理システム ACE.MediStation イメージ 日常業務の効率化

MEセンターでの日常業務、貸出や返却、点検業務を省力化し業務効率を大幅に改善できます。

ACE.MediStation の概要

医療機器管理の一元化

ME機器管理システム ACE.MediStation イメージ

機器台帳

  • 医療機器の購入から廃棄までのライフサイクルを一環して管理できます。
  • システムによるステータス管理機能により、貸し出し台数や在庫台数をいつでも確認できます。
  • 最新の機器台帳を参照することができ、台帳から修理記録や点検記録など各記録を引き出すことができます。

点検・修理記録による安心・安全のサポート

ME機器管理システム ACE.MediStation イメージ

点検計画

  • 機器ごとの点検計画と実施状況を管理できます。カレンダー機能で点検漏れを防ぎます。
  • 修理や保守点検の記録を残すことができ、修理履歴を後から集計・分析することもできます。
  • 院内点検の点検リストはカスタマイズが可能です。院内の運用に合った点検内容を組み込むことができます。

病棟との情報共有

ME機器管理システム ACE.MediStation イメージ

病棟向けメニュー

  • 病棟からの在庫確認、貸出予約が可能です。
  • 機器に関連づけている文書(添付文書や取扱説明書)を病棟側の端末から見ることができます。文書は病棟側から登録することもできます。
  • 病棟から別病棟への移動を処理することができます。
  • 病棟からの機器修理依頼が可能です。依頼情報はMEセンターの管理端末に通知されます。
  • 依頼情報をもとに病棟別の修理件数や金額を集計することができます。

部門ごとの機器管理

ME機器管理システム ACE.MediStation イメージ

院内での管理イメージ

  • MEセンター以外の部門で使用している機器・装置を管理できます。
  • 各部門ごとに修理や点検情報を入力することができます。
  • 医療機器安全管理責任者は病院全体の機器の台数や点検状況を確認でき、管理負荷を大幅に減らすことができます。

医療機器安全管理責任者をサポートする機能

医療機器安全管理責任者は現業との兼任がほとんどです。当システムを使うことで安全管理責任者の管理作業負荷を大幅に軽減することができ、本来の業務に注力することができます。

最新の機器台帳をいつでも確認

医療機器を保有する部門に端末を設置し、常に最新の医療機器情報を保つことで最新の機器台帳をいつでも出力することができます。

保守点検の予定と実施状況の確認

各医療機器の保守点検スケジュールと、実施状況を簡単に確認することができます。保守点検の報告書を参照したり、遅延している予定だけ抽出することもできます。

研修記録の確認

医療機器の安全使用のための研修記録を保存することも安全管理責任者の役割です。対象となった機器、参加者の一覧などを確認することができます。

タブレット端末での運用(遠隔からのタイムリーな情報管理も可能)

ME機器管理システム ACE.MediStation イメージ

タブレット画面

  • ACE.MediStationは一部の機能をAndroidタブレットからも利用することが出来ます。これにより移動できない装置や、ラウンド時の点検情報をその場で入力することができます。
  • 院内に無線LAN環境がある場合はAndoroidタブレットを使用して情報の入力ができます。無線LAN環境が無い場合でも、管理端末(Windowsパソコン)と同期することで、情報の更新が可能です。

システムの拡張性

医療機器管理システム「ACE.MediStaton」は、以下のような拡張オプションをご用意しています。

ACE.MediLocation (所在管理オプション)

ME機器管理システム ACE.MediStation イメージ

所在ビューワ

微弱無線システム「TagStation」と併用することで、医療機器のリアルタイムな所在管理を実現できます。院内の各拠点に設置したRFIDリーダーと、機器に取り付けたRFIDタグで何がどこにあるのかを管理できます。点検予定日のデータを付き合わせることで、点検しなければいけない機器がどこにあるのかが分かり、点検漏れを防止することができます。

医療現場でも安心

医療機器への影響がほとんど無い300MHz帯の微弱電波を利用したアクティブ型RFIDタグを利用しています。 リーダー装置にかざすなどの操作は不要です。RFIDタグは防水化しており、医療機器の洗浄時に取り外す必要がありません。

TagStation

ACE.MediMonitor (状態管理オプション)

人工呼吸器や透析装置などデータ出力機能のある装置に無線送信機を取り付けることで、医療機器のデータ管理が可能になります。アラームの履歴を参照することもできます。電子カルテとの連携オプションを使用すると、電子カルテ上の経過表など患者のバイタルデータに定期的に、正確にデータを記録することが可能です。

ME機器管理システム ACE.MediStation イメージ

システム構成(例)

ME機器管理システム ACE.MediStation イメージ

お問い合わせはこちら

生産本部 営業部 TEL:092-473-5164 メールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭に戻る