会社情報

ホーム > 環境マネジメントシステム(EMS)

環境マネジメントシステム(EMS)

登録証

画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

  • ISO14001 マネジメントシステム登録証 イメー1
  • ISO14001 付属書 イメージ1
  • ISO14001 付属書 イメージ2
環境方針

当社は、企業活動が地球環境と密接な係わりが有る事を認識し、「通信・電子機器関連の設計(ハードウェア・ソフトウェア・システム設計)、製造、販売、施工、保守サービス(修理業務含む)事業」の分野において社会の発展に貢献すると共に、各事業活動を展開する組織員の全員参加、並びに関連する取引先の協力を得ながら地球環境の保全および環境負荷 の低減に継続的に取組みます。

基本方針
  1. 環境への影響を配慮する事業活動の推進
    1. 環境に配慮したシステム・製品の創出、提供
      • 省エネルギー、省資源 強化製品の創出
      • 有害化学物質非含有製品の提供拡大
    2. 3R活動(発生抑制・再使用・再資源化)の推進
    3. 地球温暖化対策の推進(C02排出の抑制)
    4. 生物多様性保全活動の推進
  2. 環境管理活動において達成すべき目的、目標を定めてその実現を図るとともにマネジメントシステムの定期的見直しを行い継続的改善に努める。
  3. 環境関連の法規・条例・規制事項および当社が同意する要求(ビル管理者との取決め事項、顧客要求など)を順守するとともに、自主的な環境管理を行う。
  4. 全社員が基本的考え方を認識し、環境方針に沿った活動を行うよう環境教育を行なうとともに、環境保全や環境負荷の低減の視点から環境を重視した行動をとるように心掛ける。

この環境方針は全ての社員に周知するとともに、求めに応じて社外にも開示する。

環境への影響を配慮する事業活動の推進
環境への影響を配慮する事業活動の推進 イメージ

(1)省エネルギー、省資源化および有害化学物質非含有部材を使用した製品の設計・開発ならびに製品化を行い、環境にやさしい製品の提供を推進しています。

(2)3R運動の強化・推進により、エネルギー(ガソリン・電力・紙資源)の使用抑制、ならびに、再資源化の拡大などを図っております。
特に、紙類・プラスティック類などの再資源化は、全体の不要物発生量に対し、50%~60%の再資源化率を継続しており、日常活動への定着が図られております。

(3)2010年度より、富士通グループ「第6期環境行動計画」に示されるグリーン調達要件を反映し、「CO2排出抑制/削減への取組み」および「生物多様性保全への取組み」が活動のテーマに加わりました。
CO2排出抑制については“取組み宣言+排出状況の把握”を、生物多様性の保全については“取組み宣言”を第一ステップとして活動を開始しております。

2014年6月30日(改定7)
株式会社九州テン 代表取締役社長
(トップマネジメント) 間嶋 力彦

ページの先頭に戻る